Uberでは若い女性ドライバーが最も多くチップを貰う

アメリカでは、Uberの女性ドライバーは若ければ若いほど、男性の利用者から多くチップを貰える傾向にあるとビジネス系メディアのQuartzが解説しています

Uberのチップ

2017年、Uberはアプリでドライバー(運転手)にチップを渡せるようになりました。

日本でもチップを支払う事ができます。

チップを贈って感謝の気持ちを気軽に伝えることができます。Uber および Uber Eats のお客様は、ご乗車または配達の後にアプリから任意でチップを支払えます。

出典:ドライバーにチップを支払う方法 | 乗客向けヘルプ | Uber

しかし、チップを支払う利用者はあまりおらず、ドライバーがチップを貰える機会は多くはありません。

NBERが2019年に公開した調査分析結果によると、Uberのトリップ(利用)の中で、チップが貰えるトリップは15%以上となっています。

また、利用者の内、60%近くの人がチップを払わず、常にチップを払う人はわずか1%です。

チップが貰える条件とは?

先述の通り、Uberのドライバーにとってチップは頻繁に貰えるものではありません。

しかし、チップを貰える可能性が高くなる条件も存在します。具体的には、以下の条件に当てはまる利用はチップの可能性と金額を大幅に高めます。

  • 評価の高いドライバー
  • 長旅
  • 裕福な利用者
  • リピーター

若い女性は同年代の男性よりも6%以上多くチップを貰う

また、ドライバーが若い女性で、利用者が男性であれば、よりチップを貰える可能性が高くなります。

移動の距離や時間などの要因を考慮しても、男性よりも女性の方がチップを貰える可能性が高く、特に若い女性でその傾向が強くなっています。

65歳以上の女性ドライバーは、65歳以上の男性ドライバーよりも平均して2%多く受け取っているのに対し、21歳から25歳の女性は同年代の男性よりも6%以上多くチップを受け取っています。

男性は女性に、特に若い女性にチップを支払う傾向にあるということです。

一方、女性利用者も(男性ドライバーより)女性ドライバーに対してチップを支払う事が多いですが、その差はそれほど大きくはありません(女性は一般的にチップを渡すことが少ない)。

以下が、Uberのデータを元にQuartzが作成したチップと性別の関係を示すグラフです。

Uberのチップ

(縦軸がパーセンテージ、横軸が年齢。赤紫=男性から女性ドライバー、水色=男性から男性ドライバー、ピンク=女性から女性ドライバー、紺=女性から男性ドライバー)

ドライバーが高齢になるほど、”チップ格差”は小さくなりますが、それでも傾向が逆転することはありません。

まとめ

チップは性別や年齢、人種によって貰える可能性や額が変わるので、しばしば不公平な文化として語られますが、それはUberでもやはり同じなんですね(´・ω・`)