動画の再生速度コントロールは障害者の助けになる

公式リリースによれば、全米ろう者協会と全米盲人連盟はこの機能を歓迎しているとのこと。聴覚障害者にとってはキャプション表示が遅くなると読みやすくなり、目の不自由な人たちは速いペースで聴くことに慣れているためとされています。
出典:Netflix、Android版で再生速度コントロールを正式導入。0.5倍から1.5倍まで可変に – Engadget 日本版

再生速度コントロールにはそんなメリットがあったんですね。知りませんでした。

これまでは動画を急いで見たい人やアクションシーンをスロー再生するくらいの役割しかないと思っていましたが、これは重要なポイントですね。

健常者には知らない世界があるのだなと戒めになるニュースでした。