ニュージーランドの言葉は何語?公用語や英語は通じるのか解説!

ニュージーランドの言語や公用語、英語は通じるのか解説します。

ニュージーランドで英語は通じるのか?

ニュージーランドで主に使用されている言葉は英語です。

ほとんどの国民が英語を利用します。

ニュージーランドの公用語は3つ

ニュージーランドの公用語は以下の3つがあります。

  • 英語
  • マオリ語
  • ニュージーランド手話

ニュージーランドは手話が公用語になっている珍しい国です。

英語(ニュージーランド英語)

ニュージーランドの公用語の1つは英語で、実際にニュージーランド全土で使用されています。

一般的に使われている英語は「ニュージーランド英語」です。

ニュージーランドは長くイギリスの植民地だったため、イギリス英語が母体となっています。

綴りはイギリス英語と同じで、多くの発音や言い回しもイギリス英語式です。

また、もう1つの公用語である「マオリ語」からの借用語や発音の影響があるのも特徴の1つです。

日本の学校で学ぶのはアメリカ英語に近いので、イギリス英語が母体となっているニュージーランド英語は少し違和感がある方もいるかもしれません。

マオリ語

マオリ語はニュージーランドの先住民であるマオリ族が使う言語です。

かつてはヨーロッパ系の人々の入植が進むにつれ、マオリ語をはじめとするマオリの文化は徐々に消滅しようとしていました。

しかし、マオリ文化の消滅に危機感を抱いたマオリの人々はマオリ語の教育を進め、現在では再び、マオリ語がニュージーランドで広まっています。

まとめ

ニュージーランドでは英語が問題なく通じます。

ニュージーランド英語(イギリス英語寄り)なので、ちょっとしたところで違和感もあるかもしれませんが、特に問題はないでしょう。

英語が話せる人にとっては観光などに行きやすい、非常に魅力的な国と言えるでしょう。