腹筋や体幹に効果がある筋トレ「デッドバグ」とは?

腹筋をはじめ、腕やお尻などに効果がある筋トレ「デッドバグ」の正しいやり方や注意点を解説します。

デッドバグとは?

デッドバグ(死んだ虫)とは名前の通り、死んだ虫のように仰向けになっておこなう筋トレです。

デッドバグのやり方

  1. 仰向けになる
  2. 腕と膝を天井に向ける
  3. 天井に向けていない方の腕と足を床と水平になるように伸ばす(床には触れないように)
  4. 数秒間、その姿勢をキープする。
  5. 左右交互に繰り返す

デッドバグの動きや正しいやり方については以下の動画がわかりやすいです。

サッカー日本代表の長友佑都選手が出演しているこちらの動画も分かりやすいです(テレビ東京の動画なのでクオリティが高くオススメです)。

デッドバグの注意点(ポイント)

  • ゆっくり、落ち着いて行う
  • 難しければ、まずは足だけを動かす。
  • お尻と肩の位置がズレないように注意する。
  • 腰や背中が浮かなようにする
  • 手を曲げない
  • 呼吸を止めない
  • 首を上げすぎない
  • 「〇〇回○セット」と回数を決めて取り組む(左右各10回を2セットが目安)

まとめ

デッドバグは自宅でカンタンにでき、器具を用意する必要もないので気軽に始めることができます。

特に危険な動作がなく、補助などが不要なのも良い点ですね。

デッドバグをすることで、腹筋を鍛え、ウエストを引き締めたり、猫背の改善や腰痛予防の効果が期待できます。

筆者も試してみましたが、腹筋と太ももに負荷がかかっているのがよくわかります。

ウエストや太ももが気になる方はぜひトライしてみましょう!

参考:デッドバグの効果的なやり方|自宅で簡単に出来る体幹トレーニングの方法を解説 | Smartlog