女性は戦略的に恋敵の評判を傷つける情報を風聴する(研究結果)

女性は恋敵(恋愛のライバル)に勝ち、魅力的な異性を獲得するために、”恋敵(恋愛のライバル)の評判を傷つける情報を戦略的に風聴する”事が分かっています。

具体的にはどういう事なのか?

関連する5つの研究をまとめた、「競争的な評判操作。女性は恋敵に関する社会的情報を戦略的に発信している」という研究結果(論文)を紹介します。

Competitive reputation manipulation: Women strategically transmit social information about romantic rivals

女性の”競争的な評判操作”

この研究結果の最重要点は以下の4つです。

  • 女性は同性の恋敵の社会情報を戦略的に発信する。
  • 女性は魅力的な女性、男性に媚びる女性、挑発的な服装の女性の評判を悪くする。
  • 競争的な女性は、他の女性に関する評判を傷つける情報をより多く発信している。
  • 女性はライバルの評判を傷つけるが、明確に嫌っているとは報告しない。

出典:Competitive reputation manipulation: Women strategically transmit social information about romantic rivals – ScienceDirect

つまり、女性は恋愛においてライバルになる”魅力的な女性”の評判を下げるため、有る事無い事言いふらすという事です。

論文によれば、魅力的で、華やかで、性的経験が豊富で、性的な服装をしている少女や女性は特に”競争的な評判操作”の被害を受けやすいとの事。

研究者らは、女性が間接的な社会戦術を使って同性の仲間と競争していることを示唆しています。

また、女性たちは互いの悪意や競争心、攻撃性には気づいているが、自身の悪意や競争心、攻撃性には気づいていないという事も示唆されています。

まとめ

今回の研究結果は、女性の攻撃性や競争心について理解するのに役立つと研究者は述べています。

また、同時に「女性は受け身で大人しく、競争を避ける」という固定観念が誇張された偏見(ジェンダーバイアス)である可能性も示唆しています。