皿洗いは素晴らしいストレス解消法になる

皿洗い(洗い物)が面倒だと思っている方は少なくないと思います。しかし、皿洗いは、注意深く行うことで、ストレス解消に役立つ可能性があります。

米メディア「TIME」に掲載された、「皿洗いがストレスの解消に繋がる」というフロリダ州立大学の研究結果を紹介します。

お皿を洗うことがストレス軽減につながる

フロリダ州立大学の研究によると、皿洗いをしている際に、マインドフルネス(呼吸や作業中の感触、匂いなどに集中すること)を意識するよう指示された学生は、ストレスレベルが低下し、インスピレーションが高まったといいます。

学生が読んだという指示は以下の通りです。

食器を洗っている間、人は食器を洗うことだけに専念すべきです。つまり、皿を洗っている間は、皿を洗っているという事実を完全に意識するべきだということです。一見すると、少し馬鹿げているように思えるかもしれません。単純なことに、なぜそんなにストレスを感じるのだろう?

しかし、それこそがポイントなのです。自分がそこに立って洗っているという事実が、不思議な現実なのです。私は完全に自分自身であり、呼吸に従い、自分の存在を意識し、自分の考えや行動を意識しているのです。波打ち際であちこちに叩きつけられる瓶のように、無心に翻弄されることなどあり得ないのです。

原文はこちら。

While washing the dishes one should only be washing the dishes. This means that while washing the dishes one should be completely aware of the fact that one is washing the dishes. At first glance, that might seem a little silly. Why put so much stress on a simple thing? But that’s precisely the point. The fact that I am standing there and washing is a wondrous reality. I’m being completely myself, following my breath, conscious of my presence, and conscious of my thoughts and actions. There’s no way I can be tossed around mindlessly like a bottle slapped here and there on the waves.

皿洗いの指示(説明)でありながら、かなり精神的なものになっていますね。

しかし、この指示を受け、マインドフルに食器を洗った人(洗剤の香りを嗅ぎ、水の温度を感じ、食器に触れることに集中した)は、インスピレーションを25%向上させ、ストレスレベルを27%も下げたといいます。

一方、心をこめて洗い物をしなかったグループは、皿洗いをしても何の効果も得られなかったそうです。

ちなみに、ストレスレベルを下げる日常的な行動には以下のようなものがあります。

実験では、音楽を聴くと61%、コーヒーや紅茶を飲むと54%、散歩をすると42%、テレビゲームをプレイすると21%もストレスレベルが下がりました。

一方で、読書はなんとストレスレベルが68%減少したとのことです。

出典:読書によってストレスレベルが68%も軽減する

まとめ

この研究に参加した学生は51人であったため、まだまだ研究としては途上です。

しかし、この研究結果は、日常的な作業も意識的に行うことで、心をリラックスさせ、ストレスを解消し、より幸せを感じられるようになる可能性を示しています。

心が疲れている方は、”意識的な皿洗い”をしてみてはいかがでしょうか?