チップの習慣がある国・ない国の一覧

チップの文化や習慣は国によって違うもの。チップ文化のない日本では戸惑うこともありますよね。

そこで、海外へいくとき役立つ「チップが必要な国」「チップがいらない国」を紹介します。

世界のチップ事情

日本は世界的にみてもチップが不要、それどころかチップを渡しても返されるような国ですが、他の国では程度の差こそあれチップ文化があります。

チップの文化や習慣が全くないという国は、(日本の方に馴染みがある国の中では)あまり無いので注意しましょう。

関連記事:チップとは?

チップが必要な国の一覧

チップ文化が馴染んでいることで有名なのはアメリカです。アメリカでサービス業に従事する方の賃金は、チップを貰う事を前提とした金額になっています。

また、ヨーロッパでは、アメリカほどチップが義務化している訳ではありませんが、旅ホテルスタッフに荷物を運んでもらった際にお礼としてチップを渡したり、食事をした際に端数を切り上げ、お釣りを渡すような形でチップを支払う場合があります。

チップを用意する必要がある国について、詳しくは以下の記事をご覧ください。

参考:チップを支払う必要がある国の一覧

チップが必要ない国の一覧

中国や韓国、台湾などアジアの一部やオーストラリアやニュージーランドなどはチップの習慣がありません。

しかし、全くないという訳ではなく、観光地などはある程度チップを期待されることもあるようです。

詳しくは以下の記事をご覧ください。

参考:チップが必要ない国の一覧

国・エリア別

国やエリア別に、チップの支払い方や相場などについて解説しています。

参考(外部リンク)