クレジットカードのオーソリとは?

クレジットカードの「オーソリ」は、「オーソリゼーション(Authorization)」の略です。本来の意味は「許可」「公認」「承認」といった意味です。

クレジットカードにおけるオーソリは日本語で「信用承認」「販売承認」などと呼ばれます。

オーソリはカード加盟店がカード会員のクレジットカードが有効かどうか確認する際に行われます。

例えば、お店で1万円の商品をクレジットカードで購入する際、お店側はそのクレジットカードがちゃんと使えるものなのかわかりません。

そこで、クレジットカードの決済端末を使って、クレジットカード情報をカード会社に問い合わせます。

カード会社は送られてきたクレジットカードの情報や決済の情報(この場合は1万円の商品を買おうとしている情報)を確認し、問題がなければ(カードの限度額が十分ある、暗証番号が正しい、有効期限が切れていないなど)、お店側に問題ないという情報を返します。

こうした手順によってクレジットカードが有効で問題なく利用できることが確認されると、決済が完了し消費者は商品を買うことができます。

オーソリは必ず行われる訳ではありませんが、クレジットカード会社の規約で義務付けられているものなので、基本的に避けることはできません。

必ず毎回行うわけではありませんが、一定額以上の買い物をした場合にクレジットカード会社の規約で加盟店はオーソリを行わなければいけないと義務付けられています。

出典:クレジットカードのオーソリとは?仕組みとエラーの対処法 | GetMoney!

1円オーソリ

クレジットカードの利用明細を見ていると、使用した覚えがないのに、1円の支払いが発生していることはありませんか?

これは「1円オーソリ」というものです。

クレジットカードの利用明細を見ていると、1円の支払いといった小額決済があり、気になった経験があるかもしれませんが、多くの場合1円オーソリです。

1円オーソリは、iTunes storeといった有料サービスの決済にクレジットカードを登録した際に、1円などの小額請求をテスト的におこない、有効なカードか確認する手法になります。

小額とはいえ支払いが発生していますが、オーソリに使われた金額は返金されるので、基本的には気にする必要はありません。

出典:クレジットカードのオーソリとは?仕組みと流れについて解説 | マネ会 クレジットカード by Ameba

覚えのない請求がされても、オーソリであれば後にキャンセルや返金が行われるので心配はありません。

ですが、不正利用の可能性もあるので、気になる場合はカード会社に確認すると良いでしょう。

関連記事:クレジットカードの1円オーソリとは?少額の請求の正体