アメリカで人気のニュースサイトとニュースアプリベスト10(2022年版)

日本にはさまざまなニュースサイトやニュースアプリが存在します。

その中でもYahoo!ニュースやLINE NEWSなど、主に他社のニュースをジャンルごとにまとめて掲載し、一箇所(1つのウェブサイトや1つのアプリ)で見る事ができるようにしたものをニュース・アグリゲーター(News Aggregator)と呼びます。

この記事では、スマホやパソコンに関する海外の情報サイト・Lifewire(旧About.com)より、”最高のニュースアグリゲーター”を10個紹介します。

出典:The 10 Best News Aggregators of 2022

アメリカなど、海外のニュースを知りたいという方や、海外ではどんなニュースアプリが流行っているのか知りたい方はぜひ参考にしてください。

Pocket:お気に入りのニュースを保存するのに最適

日本でもお馴染みの「後で読む」サービスであるPocketです。

記事を保存するだけでなく、「おすすめ」や「発見」といったページから様々な記事を探すこともできます。

Flipboard:最も可愛いニュースアグリゲーター

雑誌のような美しい見た目が特徴のニュースアグリゲーターが「Flipboard」です。

収集されたコンテンツを読むだけでなく、自分がニュースを収集してまとめ、共有する事も出来ます。

Google News:詳細な報道を探すのに最適

3つ目は日本でも有名なニュースアグリゲーターである「Google News」です。

「Google News」は信頼性の高い報道機関やブログ、雑誌などから何千もの記事を取得し、洗練されたフォーマットで表示します。

Google Newsは、Yahoo!ニュースやLINEニュース、ライブドアニュース等と違い、記事を転載せず、オリジナルの記事へのリンクを提供しているのが特徴です。その為、オリジナルの記事を確認する事ができるので便利です。Yahoo!ニュース等は一定期間が経つと記事が削除されてしまうため、シェアしてもすぐにリンク切れになってしまう可能性が高いですが、オリジナルのサイトであれば転載先のサイトより遥かに長く記事を掲載しているので、記事をシェアしたり、引用する際にも助かります。

取り扱っているジャンルも多く、特定のトピックやニュース提供先をフォローする事も出来るので、多くのニュースの中から、自分が関心のあるニュースを探すことができます。

また、海外版も設定を変更するだけで簡単に閲覧できるので、日本だけでなく、海外の特定のエリアのニュースを閲覧する事も容易です。全世界のニュースを収集しており、ユーザーがそれを簡単に閲覧できるのは、Google Newsの大きな強みです。

Fark:ユーモアのセンスが光るニュースアグリゲーター

Farkは、一風変わったニュースを探すのに適した場所です。

1999年にDrew Curtisによって作られたこのウェブサイトは、コミュニティのメンバーが毎日ニュース記事の候補を投稿し、Farkチームがその中から約100本を選んでホームページに表示します。

Farkは、オタク向けのエンタメネタから政治やビジネスまで、様々なカテゴリーの記事を収集しています。

他では見られないニュースを探したい方にオススメです。

Apple News:Appleファンにおすすめのアプリ

Apple Newsは名前の通り、iPhoneやiPad、Macなどを販売しているAppleによるニュースアグリゲーターです。

Apple Newsは、iPhoneやiPad、Macなどに最初からアプリがインストールされています(残念ながら、Androidでは利用できません)。

しかし、日本版はリリースされていないため、日本でiPhoneやiPadを購入してもApple Newsを利用することはできません(2022年4月現在)。

ただし、設定を変更すれば日本でもApple Newsを利用することができます。

参考:日本で『Apple News』を使う方法 + 使って感じる意味と意義 | 8vivid

Apple Newsは報道機関からインディーズ出版物まで、幅広いコンテンツの中から厳選されたニュースを配信しています。また、他社(他者)のニュースを紹介するニュースアグリゲーターでありながら、出版社と同様に編集者を雇っており、人間が実際に記事をチェックして掲載する記事を厳選しているのも特徴です。

また、数百の雑誌や新聞を読めるサブスク「Apple News+」もあります(日本版はありません)。

AP News:質素で堅実な報道

信頼性が高く、偏向の少ない報道をお望みなら、AP通信のニュースサイト&ニュースアプリがおすすめです。

AP通信は独立した非営利の報道機関(通信社)で、1917年の設立以降、50を超えるピュリッツァー賞を受賞しています。

質実剛健なサイトとアプリは、全体的に地味ですが、高品質なニュースを知りたい方にピッタリ。また、フォトジャーナリストによるフォトギャラリーは豪華で美しいです。

Reddit:活発な掲示板型のニュースサイト

Redditは掲示板とSNSの要素が取り入れられたソーシャルニュースサイトです。

オリジナルのニュースは無く、ユーザーが自由にニュース記事へのリンクや文章、画像や動画などを投稿できる仕組みになっています。

月間利用者数は4億3000万人とTwitterやLINEよりも多く、欧米では非常に高い人気を誇るウェブサイトです。基本的に英語圏で利用されていますが、誰でも投稿できるオープンなコミュニティなので、日本語の投稿もあります。

Redditは面白いニュースやミーム(ネット上の流行り)、コミュニティのチャット(コメント)を楽しみたい方にオススメです。一方で、中には過激な政治的主張をする人もいます。Twitterや2ちゃんねる(現:5ちゃんねる)と同様、うそはうそであると見抜ける人でないとRedditをニュースサイトとして使うのは難しいでしょう。

SmartNews:バランスのとれた視点を持つ最高のニュースアプリ

日本でもお馴染みのSmartNewsはアメリカでも人気です。

SmartNewsは、毎日何百万もの記事を分析し、世界中のトップトレンドニュースを配信しています。

パーソナライズ(個人に最適化したニュース配信)よりも、読者が新しい情報を発見できる事を優先しています。そのため、特定の興味のある話題だけを追いたい方には少し不便かもしれません。ですが、ニュースはメディアやテーマ(分野)ごとに分けられているので、特定のメディアやテーマに絞って情報収取する事が可能です。

デザインはシンプルかつカラフル。余計な要素を削る事で、読みやすさを向上させ、回線速度が遅い方にとって便利な「SmartViewモード」を搭載しているのが特徴です。

SmartNewsは筆者も日本版を利用したことがありますが、自分の興味があるジャンルだけを選択する事ができるので、注目している分野の情報だけを収集することができて便利でした。

日本ではアプリ版の提供のみですが、英語版はアプリだけでなくウェブサイト版もあります。

Inoreader:メディアからクラウドストレージまで包括できる

Inoreaderは、コンテンツキュレーターの活発なコミュニティ、ディスカバリーモード、ユーザーが作成した購読バンドルなどを持つRSSリーダーです。

RSSフィードだけでなく、ブログ、ポッドキャスト、Twitter、Facebook、YouTube、メールマガジンなども一緒にチェックする事が可能です。 また、収集した情報は自身のGoogle DriveやEvernote、Pocket、Dropboxなどに保存する事ができます。

Inoreaderのデメリットは、無料版は機能が制限されることです。例えば、無料版では広告が表示され、登録できるフィードは150個まで。SNSはRSSフィードを利用して登録する事しかできません。

Feedly:同期が可能なRSSリーダー

Feedlyは複数のレイアウトオプション、タグ付け、キーボードショートカットなどを備えているほか、ミュートフィルタ機能により、不要なトピックやキーワードを隠してフィードを微調整することができます。

RSSリーダーなので、RSSフィードが用意されていれば、ウェブサイトだけでなくSNSや動画サイトなど何でも購読する事が可能です。

また、保存した記事や閲覧済みの記事が全てのウェブサイトやアプリで保たれる(クラウドで同期される)ので、自宅でニュースチェックした続きを出先で行うことも可能です。

まとめ

この記事ではアメリカで人気のニュースアグリゲーターを紹介しました。しかし、Apple News以外は、どれも日本から簡単に利用すること事ができます。

Google NewsやSmartNewsのように、日本国内の情報を収集するのに向いているサービスも多くあるので、気になったアプリやサイトがあればぜひ活用してみて下さいね!

参考